トップページ > 建築関連事業

会社概要
   
環境関連事業
   
建築関連事業
   
土壌汚染関連事業
 
土壌汚染調査フロー
土壌等の試料採取方法
土壌汚染対策技術
土壌・地下水処理技術一覧
土壌汚染の調査、措置等の費用
土壌汚染対策法に基づく指定調査機関の開示情報
   
活動・取組み
   
   

 

 

土壌等の試料採取方法
第一種特定有害物質

汚染のおそれに応じて土壌ガス調査を行います。 土壌ガス調査(深さ1m)で
汚染物質が検出された場合、土壌溶出量調査を実施します。

汚染のおそれが多い場合は、10m×10m格子ごとに1箇所の表層土壌を採取・分析、
汚染おそれが少ない場合は30m×30m格子内の1箇所で表層土壌を採取し均等混合した
土壌を分析します。
第二種、第三種特定有害物質

汚染のおそれに応じて表層土壌(地表から5cmと5〜50cmの土壌)を採取し、
溶出量調査と含有量調査(第三種は溶出量のみ)を行います。

汚染おそれが多い場合 汚染おそれが少ない
汚染のおそれが多い場合は、10m×10m格子ごとに1箇所の表層土壌を採取・分析、汚染のおそれが少ない場合は30m×30m格子に対して5箇所の表層土壌を採取・混合、1検体として(5地点混合法)分析します。

引用:公益財団法人日本環境協会資料から

 

 
 
株式会社カンサイ
大阪府寝屋川市石津南町10番31号
TEL 072-830-0500 / FAX 072-830-0700