活動・取り組み

安全衛生大会

『カンサイ第20回安全衛生大会 2017年4月14日開催』
当社は14日、守口市で第20回安全衛生大会を開き、参加者約70人で安全第一を誓いました。

冒頭、代表者松下浩は、2月に迎えた創業25周年を振り返り「ゼネコンや元請けの皆さんによる指導、協力会社皆さんの安全に対する協力があったからこそ」と感謝の言葉を述べ、その上で、2017年度スローガン「気を引き締めて危険予知 心を込めて声掛け合い 皆で達成『無災害』」を発表し、「われわれの現場は危険が伴う。一瞬の気の緩みが災害につながる。プロとして現場を守り、安全第一で作業していこう」と呼び掛けました。

当日は、安全表彰で協力会社7社と社員2人に表彰状を手渡した他、安全衛生活動方針の説明、工事部の高沼秀憲が代表して安全宣言を読み上げました。
1.開会の辞
2.協力会社祝辞
3..安全表彰
4.活動報告
5.安全宣言
6.閉会の辞